2022年度インフルエンザ接種について

9/22 夕方頃、ネットから予約枠がとれるようになります。

*9:00-18:00(12:00-16:00除く)の一般診察時間に接種を行います。
当院では生後6か月から64歳までを対象にインフルエンザ接種を行っております。

インフルエンザ接種の予約を行うにはこちらのURLからご予約をお願いします。

*現時点では10月分のみ予約を受け付けます。11月以降の予約開始しました。は別途、当ブログでお知らせします。2回目の接種が11月以降になる場合には、お手数ですが11月分の予約を開始次第、ご予約ください)

【インフルエンザ予防接種の予約】については1つの枠に最大4名のご家族の方が予約可能となります。

お手数をおかけしますがスムーズな診療を行うため、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。なお予約当日は、15歳以下の方は母子手帳を必ずご持参ください。忘れた場合は接種ができません。


☆接種開始日 10月1日(生後6か月以上~64歳までを対象としております)
☆料金   1回3,500円 2回目3500円 
☆接種回数 生後6か月~12歳   2回接種 (9/22から予約受付開始)
         13歳~15歳  1回接種 
 15歳以下をお連れの親御様   1回接種 
    16歳以上のご兄弟    1回接種 

*予診票を事前にダウンロードされたい方はこちら

*立川市に住民登録のある方で生後6か月から小学校6年生までの方は市から助成金1500円の補助があります。接種1回につき1,500円、1人につき2回まで助成されます。       助成金の申込書はこちら

*予約時には必ず、直近2週間以内の接種履歴を登録ください。コロナワクチンを接種されている方は2週間の間隔をあけて、インフルエンザワクチンを接種してください。
*2回目の接種日は1回目の接種が終わってから2~4週間あけて再度予約してください。
(免疫効果を考えると3~4週間あけることが望ましいとされています)

*新型コロナウィルス感染症に罹患した後の、新型コロナワクチン以外のワクチン接種については、療養解除日から1ヶ月が経過した後に接種をうけることをおすすめします。

*15歳以下は保護者の付き添いが必要です。祖父母が同伴する場合は祖父母が同居しておりかつ、委任状が必要です(委任状はこちら)

*16歳以上の方は、保護者の付き添い不要です。予診票は本人の署名を記載してください。

ご不明な点につきましては、当院スタッフまでご連絡ください。

立川市における予防接種の相互乗り入れについて

立川市では、近隣10市(昭島市、清瀬市、国立市、小平市、国分寺市、小金井市、狛江市、東大和市、東村山市、武蔵村山市)と予防接種11市協定を結んでおり、予防接種の相互乗り入れを実施しています。そのため、乗り入れ実施市であれば、立川市の問診票で予防接種を受けることができます。

対象ワクチン:四種混合、二種混合、不活化ポリオ、麻しん風しん混合(MR混合)、麻しん、風しん、日本脳炎、水痘(水ぼうそう)、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん、B型肝炎、ロタウイルス

BCGは相互乗り入れを実施していません。

詳細は、立川市役所健康推進課までお問い合わせください。

立川市 福祉保健部健康推進課(健康づくり担当)予防健診係

電話番号:042-527-3272

ファックス:042-521-0422

鼻水吸引器について

診察していると気づいたことがあるのですが、ご家族で鼻水吸引器をお持ちの方が非常に多いです。ご存知のように、特に小さい赤ちゃんたちは母乳やミルク飲む際、入眠時などで鼻が詰まっていると機嫌悪いことが多いです。

鼻水吸引器は、オススメです。どのメーカーが良いか迷う場合は、

鼻水吸引どっとこむ

をご参照ください。吸ってあげると、本人たちは非常に楽なようです。